筋トレの効果は精神面にもテキメン!パーソナルトレーニング体験記

スポンサーリンク
筋トレ体験記

筋トレは肉体だけではなくメンタル強化にも繋がるのか。弱小メンタルの私がパーソナルトレーニングジムに通う事を決めた理由について、体験をまじえてお伝えしたいと思います。

・メンタル強くなりたいと思っている方
・肉体改造を通じて内面から強く美しくなりたいと思っている方

是非参考にしていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク

筋トレは精神面にも効果的?

まだ始めたばかりで外見に目に見えた変化はないのですが、内面には早速変化が表れていると実感しています。

例えば、

・イライラしない(小さいことを気にしなくなる)
・前向きになれる
・トレーニングも、それ以外の事にも積極的なマインドで取り組める

などです。
正直このような変化に私自身驚いています。
もちろん生活におけるあらゆるマインドがガラッと変わったわけではありませんが、少しずつだけど着実に何か変わってきている!と感じています。

 

スポンサーリンク

私が筋トレを始めた理由

私は2020年2月現在、パーソナルトレーニングジムに通っています。(現在進行形)

私がパーソナルトレーニングジムに入会し、筋トレをする理由、それは

 

「わたしの身体を愛せるようになりたい」

そして、

「自分を好きになりたい」

 

そう思ったからでした。

 

なぜならば、自分の身体は自分の最大のパートナーだから。
パートナーである自分が自分の身体を愛さなくて、誰が愛してくれるというのか。

まず、自分が自分の身体を愛して自分自身を認めることが重要なのだと自分の経験を通じて気づいたのです。

 

スポンサーリンク

自分と向き合う事から逃げてきた現実

もともと下半身が太かった私は、出産後の忙しさを理由に身体のメンテナンスを怠った結果…

胸は垂れ、ウエストどこですか?という寸胴体系、デカデカ扁平尻では履けるボトムスも限られ…

洋服を選ぶ楽しみは減り、体型カバーできる洋服ばかり選ぶようになり、とにかく「隠す」ことに徹したのでした。

 

 

そう、自分の身体から目を背け続けてきたのです。

そうするとどういう事が起きるかというと、自分自身と向き合う事から逃げ始めます。何をするのにも主体性がない、何か起きると誰かのせいにする。

そんな自分が嫌で嫌でたまらなかった。どんどん自分が嫌いになっていきました。
自分が自分のことを認めていないから、周りの人に対しても否定的で攻撃的になり、人の意見に対して噛み付いていました。

 

そんな、外見よりも醜いブスな内面を変えたかった。

 

とにかく変わりたくて色々なことを手あたり次第試しました。

自己啓発系の本を読んだり、アファメーションをしてみたり、ホロスコープ診断、ヨガ、瞑想など、一見関係なさそうなことでも根の部分では自分の探し求めているものと繋がっている事を発見しました。

そして色々学ぶ中で「自分の身体は自分の最大のパートナーである」という事に気づきました。

心と身体って切り離せないですよね。
どちらも大事だし、両方のバランスを保ってこそ毎日を楽しく過ごせると思います。

であるならば、肉体を鍛える事が心を鍛える事につながるのではなかろうかと考えたのです。

肉体を鍛える事によって外見が変わってくる。そしてその努力の積み重ねが自信となり、自分を好きになる事につながる。

 

自分ととことん向き合うために筋トレに挑戦しよう。という結論に至ったのです。

 

スポンサーリンク

筋トレは自分と向き合う時間

このようにして、実体験を通して筋トレはメンタル強化につながると実感しています。

 

でも正直言って、トレーニングはめちゃくちゃ辛いです。(泣)
体を動かすことが元々そんなに得意ではないので、私にとっては全然簡単なことじゃないです。

なので、このように考えてトレーニングに取り組んでいます。
トレーニングの時間は60分ですが、一日24時間のうち1時間を自分と向き合うための時間にする。
自分と向き合うために時間を作ることが、自分を大切にすることにつながると思っています。

 

打たれ弱い方、自分の内面と向き合いたい方には筋トレがとても有効的で、おすすめです(^^)

かくいう私もまだまだ打たれ弱いです。修行が足りません。
是非一緒に筋トレして、精神を鍛えていきましょう!

痩せやすい体型のための習慣づくりについて書きました。
⇒筋トレと食事制限で体重が減らない原因は?ジムに通う私が実践していること

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 



スポンサーリンク
スポンサーリンク
筋トレ体験記
スポンサーリンク
ゆかりんごをフォローする
MARBLE STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました