愚痴を言わないとストレスが溜まるのはうそ?愚痴りたくなった時の効果的な方法とは

スポンサーリンク
メンタル

誰だって愚痴の一つは言いたくなる時がありますよね。
だけど愚痴を言わない人って周りに少なからずいませんか?
ストレス溜まらないの?どうやって発散しているの?について、自分なりに感じたことを書いていこうと思います。

また愚痴りたくなった時に私が実践してみて効果があると感じた方法についてもご紹介します(^^)

 

「愚痴りたくなった時に誰かに聞いてもらいたい!」
または、
「聞いてもらったのに、もやもやしてしまったことがある。」

そんな方にとって参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

愚痴を言わないとストレスが溜まるのはうそなのか?

愚痴を誰かに聞いてほしくなる時ってありますよね。

愚痴を言わないとストレス溜まるから、どんどん出さないとって思っていました。
だから、愚痴りたくなった時に周りの人に吐露していたんです。

だけど愚痴って聞いてもらうと一時的にはスッキリできるけど、その後なんだかもやもやしてしまったりすることがありました。

それは何でだろう?と自分なりに分析してみたんです。

そうしたら、愚痴を人に聞いてもらう時の自分の姿勢(スタンス)に問題があることに気づいたんです。

 

自分が愚痴っている時を振り返ると、

  • 感情的
  • 暴言を吐いている
  • 口汚くなる

こうなってしまっていることに気づいたんですよね…。

冷静に考えてみたら、こんな愚痴り方をしては自分も相手も気分悪くなって当然だよなって思ったんです。(本当に、反省…)

 

愚痴を言わないで自分の中に溜め込むとストレス溜まるから、どんどん出そう思って愚痴を聞いてもらっていたことが、むしろ逆効果で、愚痴を言う行為がストレスを溜める原因になってしまっていました。

 

スポンサーリンク

ストレスを溜めない人の傾向や特徴

では、ストレスを溜めない人ってどんな傾向や特徴があるのでしょうか。

自分の友人や職場にいるストレスを溜めなさそうな人から、どんな傾向と特徴があるのかを自分なりに考えてみました。

 

ストレスを感じる前に、私たちは何かしらの感情を抱いているはずです。

  • 仕事で上司にこんなこと言われて落ち込む
  • 子供がいうこと聞かなくてイライラする
  • 嫌なこと言ってくるママ友にもやもやする

といったネガティブな感情たちです。

これらの感情が蓄積した結果、ストレスと感じるようになりますよね。

ということは、ストレスを溜めない人はこれらの感情とどう向き合っているんだろう?と考えるようになりました。

 

私なりに出した結論は、ストレスを溜めない人は

 

 

感情との向き合い方が上手
だということです。
私からしたらストレス溜めなさそう、怒らなさそう、イライラしなさそうに見えるけど、そんな人でもきっと怒ることもイライラすることもあるんですよね。人間だから。
それは会話の中で感じたんです。
「あ、この人も怒ることあるんだ。」と。
だけど、
  • 嫌な感情を引きずってもしょうがない
  • 周りにイライラ振りまいても良いことない
  • イライラに飲み込まれない

ってことが分かってて、感情を上手く消化できるんだな。
と、自分なりに分析して思ったのです。

 

スポンサーリンク

愚痴りたくなったときの効果的な方法

愚痴を言わない人は感情との向き合い方が上手だから、ストレスを溜めにくいと自分なりに理解しました。

じゃあ実際に感情と上手く向き合うにはどうしたらいいのか?

私が実践してみて効果を感じた方法についてご紹介していきます(^^)

感情に気付き、感じること

自分の中に生まれる感情にまずは「気づく」ことです。

「あ、今自分はこんな感情になっているんだ」
と、自分の感情を感じ、味わってみてください。

ここで大事なのは、その感情を否定したり判断しないことです(^^)

 

そして感情と自分自身を切り離してみる。

  • 今感じているのは感情の一部であって、自分自身ではない
  • 今経験しているのは状態の一部であって自分そのものではない

と、心の中で唱えてみる。

ゆっくりと深呼吸

ストレスを感じたり感情的になっている時は呼吸が浅くなります。
呼吸が浅いと酸素が脳に行き渡らないため、そんな時こそ深い呼吸をしてみてください。

怒りなどの感情は生理学的には90秒以内に終わると言われています。

そのため、ゆっくり深呼吸を6回ほどしてみてください。
ゆっくり深呼吸を6回するのにかかる時間がおおよそ90秒と言われています。

 

自分の感情と向き合うための90秒と考えると、長い時間ではないですよね(^^)

スポンサーリンク

まとめ

愚痴るという行為がストレスを溜める原因になっていた私の経験から、ストレスを溜めない人は「感情との向き合い方が上手」であるということが分かりました。

感情との上手な向き合い方の効果的な方法として、

  • まず自分の感情に気づく
  • ゆっくりと深呼吸する

この2つをご紹介しました。

これは自分の感情と向き合うためのファーストステップとして私がとても大事だと感じたことです。

感情と上手に向き合うための効果的な方法として他にも実践していることがあるので、今後ご紹介していきたいと思います。

是非、実践してみてくださいね。

 

\ネガティブ思考について書いています★/
ネガティブ思考が治らない…と悩んでいた私が実践している効果的な方法

ネガティブな性格を直す方法!人生楽しくない・疲れたと感じたときに試してみよう

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
メンタル
スポンサーリンク
ゆかりんごをフォローする
MARBLE STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました